1908年に西門紅楼が建てられてから今まで、すでに百年が経ちました。もともと台湾で初めての政府が建設した公営市場で、今全国で最も古く、完全な三級古跡市場建築物でもあります。当時台湾総督府建築科を担当し、西洋建築が得意だった日本籍建築家近藤十郎が設計しました。若くて大胆なアイデアで、「八卦造型」をとりいれ、八方から集まってくるイメージを市場の入り口にして、「十字架造形」を市場の主体の特色にしました。これは空前絶後であり、東西建築史上初めてです。現在いわゆる八角楼と十字楼に、隣の南北広場を加えて、「西門紅楼」と呼ばれます。
2007年11月台北市役所文化局は、台北市文化基金会に運営管理を委託して、文化的な活動内容で新しく作り直しました。八角楼内の二楼劇場、中央展示区、百寶格、西門紅楼茶坊、西門紅楼精品区と十字楼縦段の16工房、文創孵夢基地と十字楼横段の河岸留言西門紅楼展示館および北広場の市場、月光映画館、南広場の露天カフェ区など多元的な地区を設け、西門紅楼全体のサービスを向上し、新しい創意空間を作り、新しいグループを引きつけ、新旧台北文芸の交流の場所を拡大し、台北市の新しい文化創意産業発展の中心に変身することに成功しました。並びに2008年第七期【台北市都市景観大賞】歴史空間活性化賞を獲得しました。
2009年は1年を通して芸術・文化イベントを多数開催し、計400万以上の入場者を呼び込んであり、西区文化創意発展の重要な拠点となっています。2010年も引き続き創意ブランドの育成に努め、十字楼に展示・販売の場として文化創意夢発信基地を設置し、新しい空間と100年の歴史を有する八角楼を組み合わせ、古跡に新しい風貌を与えています。

百年の経歴 歷史紅楼~

1908年 西門市場八角堂-紅楼が完成し、西門町は日本人の移住専門区になりました。非常に繁栄し、万華、大稲埕、城内の三つの娯楽の中心になりました。同時に、日本人は大東亜共栄圏アジア娯楽の重鎮だとみなしていました。
1945年 日本が敗戦し、国民党政府が台湾にやってきて、大量の外省移民が流れ込みました。紅楼劇場の繁栄を支えました。演芸が盛んで、上海の京劇、紅楼書場、黄金話劇が移民の心の慰めになりました。
1963年 西洋の思想が流行し、紅楼映画館が開園し、モノクロ武侠、西洋映画、時代劇などを上映しました。チケット価格が安く、いつも人がいっぱいで、学生に人気がありました。紅楼で映画を見るのは当時の学生の共通の思い出になりました。
1990年代 紅楼の小さなお店の中で、ボロボロの違法建築が、都市発展とともに東に移転して、没落しながら生きながらえました。
1994年 「紅楼夢.西門情」展示活動が、再生の契機を生みました。
1997年 紅楼が三級古跡として公告され、同年紅楼映画館が休業しました。
2000年 火事によって十字楼及南北広場違法建築が燃え、紅楼の新しいページが開かれました。
2002年 紙風車文教基金会が、「紅楼劇場古跡再建築」の任務を引き受け、演芸団体の力を集めて、順番に来応援を行い、紅楼のにぎやかさを取り戻しました。
2008年 百歳になり、台北市文化基金会が後を引き継ぎ、次々と三大活動:【百年祝福‧紅楼物語】百年特展、第一期【設計 遊楽紅楼】創意商品大賞および音楽コンテスト【揺れろ!紅楼、また百年!】を行いました。のべ250万人近い観光人数を積み重ね、西門紅楼はすでに西門町で必ず訪れる場所になりました。
2009年 西門紅楼は「台北映画テーマパーク」と「西門町歩行者天国ストリート・パフォーマー」管理計画を引き継ぎボランティア体制を確立、チームを拡大しサービス能力を強化しました。
2010年 西門紅楼茶坊の自主運営により、茶房内に展示スペースを設け、新しいタイプの喫茶空間を作りました。
文創孵夢基地が9月にオープンし、八角楼の伝統と十字楼の革新により100年の歴史を有する紅楼に新しい風貌が加わりました。また、台北映画テーマパークに「アーバン・ショーケース」が設置され、ストリートパフォーマンスとユース・カルチャーのパワーがここに流れ込んでいます。
2011年 台北ランタンフェスティバルのパブリックアート展「西門紅楼メインランタン」が注目を集める。台北市シネマパークにて「西鬧フリーマーケット」開催。ストリートアートをPRし、コミュニティ意識とエコを訴える。
2012年 オリジナリティと現地の文化をさらに深く掘り下げるため、西門町が一体となった第1回「西門ハロウィン」と「西門町後街文化祭」の回顧展ならびにテーマ性のある創作マーケット「City Live!文創遊楽園」開催。
2013年 個展/独立系パフォーマンスと創作マーケットとの境を越えるコラボレーション・プラットフォームを確立。「手手」マーケットと合同で「西手紅一夏」開催。松文創園区「原創基地フェスティバル」の特色あるイベントとの融合、台北新驛ホテル協賛によるオリジナルブランド芸術展を開催するなど、西エリアの創作アートのシナジーパワーを展開。
2014年 西門紅楼は他の地域・機関と協力して、長年にわたるクラフトアート市の運営経験を生かし、色濃い時代感を感じさせる松山文創園区の場に「東西好文創市集(Goodsmarket for Art and Craft)」を創設しました。文化創意産業に係わる方々に西門紅楼とは異なる発展の場を提供し、文化創意人材の育成、オリジナルアートの発信源、産業相互交流の理念を具体化します。
2015年 リニューアル後の文創発展センター16工房 Creative Boutiqueは、新しい空間に、百年前にできた初の市場と百貨センターのコンセプトを再現し、台湾文化創意ブランドに店舗を提供しています。ここは、独特のムードが漂う西区の生活文化創意マーケットです。

 

ガイドサービス
団体予約ガイド:ガイド日の七日前に予約してください。
休日、祭日のご案内:土、日曜日:17:00

 

会館情報
電話:+886-2-2311-9380
ファックス:+886-2-2314-2927
住 所:108台北市万華区成都路10号
営業時間:日~木 11:00~21:30(月曜日休館)
      金~土 11:00~22:00
ホームページ:www.redhouse.org.tw
Eメール:service@redhouse.org.tw

 

アクセス方法
MRT:板南線(青)MRT-西門駅1番出口,徒歩約1分
バス:三重客運(五股‐台北、中港‐北門、迴龍‐台北)、指3、青 2、9、12、 18、25、49、52、201、202、205、206、209、212、218、221、223、 231、232、233、234、235、253、257、513、624、621、640。 「西門市場」で下車。
駐車場:
中山堂地下駐車場(台北市延平南路98号之1)
峨嵋街立体駐車場(台北市峨嵋街83号)
台北市立性病防治地下駐車場(台北市昆明街100号)
獅子林駐車場(台北市西寧南路36号B2~B3)
洛陽総合立体駐車場(台北市環河南路一段1号)

 

指導部門:台北市役所文化局
運営部門:台北市文化基金会、西門紅楼

 

交通圖

 

各區位置圖